こんなに違いがあるの?賃貸住宅と分譲住宅の違い

転居の手軽さは賃貸物件に軍配?

賃貸住宅と分譲住宅の大きな異なる点としてよく挙げられるのが「住宅の所有権の有無」ですよね。転勤等で引っ越しをする必要が出た場合に分譲住宅の場合は、所有権がある事で様々な手続きをする必要がある事で面倒に感じてしまう方が多くなっています。一方、賃貸住宅の場合は、管理している会社やオーナーさんに1ヶ月以上前に報告をして、電気や水道といった各社に転居の旨を伝えるだけで良いといった手軽さが魅力となっています。気軽に転居をする事が出来る事で単身者や転勤の多い仕事をしている方から賃貸住宅は人気ですよね。

自由度が高いのはどちらのタイプ?

引っ越しの手軽さでは賃貸住宅に軍配が上がりましたが、自由度といった面で見ると分譲住宅に軍配が上がりそうですよね。リフォームを自由にする事が出来る事で家族が増えた場合でも快適に暮らす事の出来る間取りに変更する事が出来るといった点が挙げられます。間取りを変更したい際に賃貸住宅の場合は、転居する事が必要になるといったデメリットがありますが、現在生活をしている環境よりも快適な環境に移り住む事が出来るといったメリットがある事で自由度の面でも不便に感じる事はないでしょう。

それぞれの魅力とは?

共通するメリットも多くありますが、それぞれに異なる魅力も多くありますよね。賃貸住宅であれば、購入する事が難しい高い価格設定となっているデザイナーズマンションや高級マンションに月々の家賃を支払う事で暮らす事が出来る事や最新の設備を導入している物件を選ぶ事で安心して生活を送る事が出来るといった点が挙げられます。分譲住宅は、資産や融資を受ける際に担保にする事が出来る事や住宅を使用しない場合は賃貸物件として貸し出す事で家賃収入を得る事が可能となっています。

賃貸管理システムとは、不動産関連業者が必要とする契約書の作成や賃料の請求・入金から契約更新に至るまで、賃貸物件管理のすべてのプロセスをシステム化したソフトです。