効果バツグン!!専門業者による風評被害対策3選

逆SEOによる風評被害対策

逆SEOは、検索で上位に表示されてほしくないサイトの検索順位を下げることを目的に行われる風評被害対策です。上位に表示されてほしくないサイトに関連するワードを含んだサイトを多数作り、新たに作成したサイトが上位に来ることで特定のサイトの検索順位を下げます。また、検索上位に表示させたくないサイトのコピーを大量に作成し、わざと表示順位を下げる応用技も使います。逆SEOは、検索のアルゴリズムを利用した技術が必要なため、専門業者のノウハウが不可欠な方法です。

ネット監視による風評被害対策

ネット掲示板やSNSなど、書き込みができるサイトの数は膨大な数になり、どこで噂話や誹謗中傷を広められるか予測不能です。ネット監視サービスは、ネット上にある膨大な数の掲示板を監視し、悪い書き込みを見つけたら削除要請を管理人に要求します。人海戦術によるネット監視を行う場合もありますが、広範囲に監視するため、現在ではロボットで巡回を行っています。ロボットで巡回し、書き込みが頻繁に行われるサイトは集中的に監視し、書き込みの内容を判断し対処します。

弁護士による風評被害対策

根も葉もない噂話を書き込まれるだけでも不快でストレスが溜まりますが、脅迫的な書き込みや名誉に関わる悪質な書き込みは、書き込みを削除しただけでは根本的な解決にならないので、弁護士の力を借ります。弁護士が書き込みを読んで、名誉毀損や侮辱、威力業務妨害などに該当するか判断します。告訴に値すると判断した場合は、情報開示請求の訴訟を行い、ログが開示されれば、IPから書き込んだ人物を特定します。書き込んだ人物は法律によって裁かれますが、書き込みによって受けた被害について、損害賠償の裁判を行うこともできます。

インターネット上では、匿名性を利用して個人や企業を対象にした誹謗中傷が行われていることがあります。そういった誹謗中傷対策は、弁護士に相談することが大事です。