絶対にやってはいけない!新人が研修で実施しがちな行動

研修中に睡眠を取る事

研修中は学校の授業とは違って、仕事や作業をする為に学ぶ事ができる時間帯です。眠たいからといって、ここで睡眠を取ってしまうと大きく評価を下げてしまうでしょう。社会人として働く以上、みっともない行動を絶対にする事はできないですよね。ここで眠たくても要点だけをしっかりと押さえて、高い集中力で研修に参加する事が求められるんですよね。眠いかもしれないのですが、きちんと起きて正しい姿勢で研修に参加するようにしてください。

講師にタメ口を使う事

新社会人の場合には、他の社会人と比べても敬語を使用する機会があまりないです。そこで研修を実施してくれる講師に対しても、敬語ではなくタメ口で話してしまう方も少なくないんですよ。講師にタメ口を使用する事で、研修に参加させている会社などに悪い連絡が伝わってしまいます。研修に参加する以上、社会人として恥じらいのない行動を実施しないといけないですよ。講師の方に質問や話をする時は、タメ口ではなく敬語を使用するように心がけてくださいね。

同じ事を何度も質問する事

分からない事が発生した場合には、人間は質問をする事が一般的ですよね。しかし何度も同じ質問を実施してしまうと講師の方に大きな迷惑をかけてしまいます。社会人は一度質問した内容に関しては、再度質問してはいけないです。イメージがどうしても悪くなってしまい、物覚えの悪い新入社員というレッテルを貼られてしまう可能性が出てくるからです。そこで一度質問した場合には、必ずメモやノートに記録を残しておき、いつでも復習できるように環境を整えるべきでしょう。

社員研修というのは、その年の新入社員が社会や会社のルールに慣れることができるよう訓練することを言います。