レンタルオフィスを活用する方法

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスとは、通常の賃貸オフィスとは違い、部分的にオフィスを借りることができるシステムです。課金形態等によっていろいろなタイプに分類できますが、オフィスフロアの中にパーテーションで区切られた部屋があり、少人数向けのオフィスとして使用できるようになっていて、レンタルオフィスの利用者が共同で使用できる会議室やコピー機などが備え付けられているのが特徴です。また、決まった場所や席はなく、いつでも使えるオープンスペースが提供されるタイプもあります。

レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスを活用するメリットは、手軽さとコストの安さでしょう。レンタルオフィスは、通常、オフィスに揃っているべき作業机や椅子、電源、電灯、コピー機などの設備が既に整った状態になっていますので、自分で工事手配をしたりオフィス家具を選んで購入する手間は必要なく、契約後すぐに使い始めることができます。また、通常の賃貸オフィス契約では多額の保証金が必要になるのが一般的ですが、レンタルオフィスでは少額もしくは不要で、ほぼ月々のレンタル料の支払いだけで済むという資金面のメリットもあります。

独立したらレンタルオフィス

そういった特徴やメリットを備えているレンタルオフィスは、独立したばかりの個人事業主やビジネスパートナーを探したい小規模事業主の強い味方です。独立した当初はできる限り資金負担を抑えたい、オフィス家具など今はなんでもいいので選ぶ時間が惜しいといった需要を満たしてくれるのです。事業が軌道に乗ってきたら通常の賃貸オフィス契約をすればいいのです。それまではレンタルオフィスをうまく活用することによって事業に集中するのが得策です。